「風来坊 雅典(ガテン)」 の年収で見るガテン系の適職指南書 » 土木・建設作業員ってどんな仕事? » 未経験から土木・建設作業員になるには?

未経験から土木・建設作業員になるには?

公開日: |更新日:

未経験者でも土木・建設作業員を目指せるのかという点について、解説します。転職の際に役立つ資格などについても紹介しています。

土木・建設作業員とは?

工事現場で作業をする仕事

「土木・建設作業員」とは、さまざまな工事現場で重機を運転したり、力仕事を行う作業員のことを指します。工事現場というとまず建物を建てているところを思い浮かべるかもしれませんが、ほかにも道路や河川、ダムなどの工事やガス・水道・電気など公共に関わる工事を手がける場合もあります。

加えて、宅地造成や区画整理などに伴う工事を行うこともあります。それから、近年多く見られる自然災害による土砂崩れなどの復旧工事に従事するなど、非常に幅広い仕事を担当するのが土木・建設作業員です。

形に残る仕事ができる

自分がした仕事が形に残るという業種はなかなか少ないかもしれません。土木・建設作業員は、道路やダム、建築物など半永久的に残るものを手がけることもできますので、仕事のやりがいを感じたい人にはぴったりの仕事といえます。それから、大きな構造物を作れるという点も、やりがいを感じられるポイントになるでしょう。

未経験でも土木・建設作業員を目指せる?

結論から言うと、未経験でも土木・建設作業員を目指すことは可能です。

むしろ未経験者で土木・建設作業員の仕事に就く人も多いです。求人に応募し、面接を受けて特に問題がないようであればその場で採用、さらに翌日からは現場に出るといったケースもあります。土木・建設作業員は修行期間が発生する業種ではない点も、未経験者がチャレンジしやすい理由のひとつです。採用された時点から即戦力となれます。

ですので、他の仕事についているが土木・建設作業員になりたい、と考えている場合もすぐに挑戦できるでしょう。特に何かを用意しなければならないということもないため、気になったらすぐに応募してみると良いです。ただし、全くの未経験の場合は、給料は多くは期待できないため、前の仕事から大幅にダウンする可能性もしっかり頭に入れておくことが必要です。

土木・建設作業員への転職の志望動機で多いものは?

体を使った仕事がしたい、と考える人が多い

土木・建設作業員に転職したいと考える場合、志望動機として多く見られるのは「体を使った仕事がしたい」といった内容です。中には、前職でデスクワークの仕事についていたけれど、どうしても性に合わなかったため、土木・建設作業員にチャレンジしたいと考えた、という人もいます。

誰かの役に立つ仕事がしたい、という志望動機も

「人の役に立つ仕事がしたい」「形に残る仕事がしたい」といった理由も多く見られます。目に見える形で残るものを作る土木・建設作業員は、誰かの役に立っているという実感を得やすいともいえるでしょう。

そして、「すぐに働かなければならないから」といった理由も多いです。資格や経験、学歴も不問ということが多いため、なんらかの事情があってお金をすぐに稼ぎたいと考えて土木・建設作業員として応募するというケースもよく見られます。

土木・建設作業員への転職に必要な資格・有利な資格

転職にあたり特別な資格は必要なし

土木・建設作業員として転職する際には、特別な資格は必要ありません。学歴はもちろん、経験も問われないことが多いため、やる気があれば採用するというケースも多いです。ただし、唯一普通自動車の運転免許だけは求められることもあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。これは、現場へ社用車で移動したり、資材の運搬をするなど車を運転する機会が非常に多いためです。もし普通自動車の運転免許を持っていない、という場合には転職活動をする前に取得しておくといいでしょう。

入社後に取得をサポートしてくれる会社もある

重機などを扱うための免許など専門的なものは入社後に取得できるケースがほとんどです。中には資格や免許の取得をバックアップしてくれる会社もあるため、採用情報をチェックしておくと良いでしょう。

ただし、やはり現場で必要になる免許をあらかじめ持っていると歓迎されることも多いため、時間やお金に余裕があるのであれば中型免許や大型免許などを取得しておくと、面接のアピールポイントにすることができます。ほかにも、「車両系建設機械技能講習」や、「土木施工管理技士」など、土木・建設作業員として仕事をする上では役立つ免許や資格があるため、どのような資格があるのかは確認しておきましょう。

経験不問の
⼟⽊作業員のおすすめ会社を⾒る